英語スキルを活かす職業

男性

スキルを活かす活動

英語スキルを活かす職業としては翻訳や通訳がありますが、貿易に携わる仕事でも英語スキルを活かすことができます。貿易は日本以外の国から物を輸入したり輸出することですが、国内の流通とは異なり日本の法律や国際ルールに則ったさまざまな手続きが必要になるものです。このため事務処理の量が大きく事務処理を行うための人材が必要であり、この貿易に携わる仕事をするためには英語が必須です。英語が必須の理由としては、貿易の共通語として英語が使われているためです。このため英語圏でない国とやりとりをする場合でも英語が使われているので、貿易に携わる場合には英語が必要不可欠です。一方で貿易事務という仕事は直接、企業が募集しているだけでなく、入社後にその仕事に携わるということもあります。最初から貿易事務として働くためにはセミナーなどに参加する方法が比較的、短いルートです。企業が募集している場合には経験者が優遇されますので、未経験者の場合には難易度の高いものです。セミナーであれば、未経験者でも十分にチャンスがあります。ただそれでも貿易で働くためのセミナーに参加するためには事前にアピールポイントが必要であり、その際には英語が出来ることが強みになります。またセミナーには、日本の企業だけでなく海外の企業も参加している場合があります。この場合には募集している国の言語が出来る必要がありますが、日本の企業よりも需要が高いメリットがあります。

Copyright© 2018 貿易知識が身につくセミナーへ参加【多くの場所で定期的に開催】 All Rights Reserved.