業務内容を把握しよう

オペレーター

センターによって異なる

コールセンターの仕事というと、多くの人は電話対応だと認識していることでしょう。基本的にはそれで合っていますが、もっと細かく見ていくと職場によって多少は業務が異なります。コールセンターの求人に応募する場合、業務内容についてきちんと確認してからにした方がいいかもしれません。それから、どんな会社のコールセンターなのか、大元の会社についても確認しておきましょう。例えば、インターネット関連の会社の場合、仕事内容は当然、インターネットに関することになるはずです。インターネットプロバイダの会社がコールセンターを設け、顧客に契約内容について確認するといった業務もあることでしょう。この場合、セールル電話にならないように気をつけなくてはなりません。顧客にただ確認の電話をするだけなので、スムーズにいけば業務内容としてはマニュアル化しているはずです。慣れればとても簡単にこなせることでしょう。一方、一般的なコールセンターの仕事というと、顧客からかかってきた電話に回答するといったものが多くなっています。特にトラブルの電話が多いので、受け答えは大変です。その会社の商品を使っており、不具合が生じたので直してほしいといった電話も多いことでしょう。また、クレームの電話が入ってくることもあります。コールセンターによってはクレーム対応専門のところもあるのです。このように、コールセンターの仕事といっても職場によって内容はかなり違ってくるため、確認しておきましょう。

Copyright© 2018 貿易知識が身につくセミナーへ参加【多くの場所で定期的に開催】 All Rights Reserved.