仕組みを調べておこう

大工

弟子入りが多い

手先が器用で子どもの頃から図画工作や技術の授業が好きだったという人は、大工の求人に応募してみるといいかもしれません。大工の求人は意外にもたくさんあります。いろいろな求人サイトを見てみましょう。昔ながらの職人さんと呼ばれるような大工の仕事は長年の経験や実績が必要です。一人前になるには相当かかることもあります。いくら手先が器用だと自負していても、仕事として通用するかは分かりません。普通は弟子入りすることになります。まずは一人前になるまで棟梁のもとで修行をするのです。よって、求人内容を見ると住み込み弟子入りといった募集内容も見かけられます。特に若い男性は重宝されることでしょう。育成のしようがあるからです。とは言え、全国的に人材不足がちになっていることもあり、場合によっては中高年でも採用されることもあります。特に経験者は重宝されることでしょう。大工の実績がある人は施工例などを提示してみるのもいいかもしれません。その技術力などを認められれば、年齢に関係なく雇ってくれるところもあります。ただし、最近はあまり弟子といった形にこだわらないところも増えてきているのです。人材不足ということで、応募してくれるだけでも御の字というところもあります。まずは求人内容をよく比較してみましょう。先着順で即採用してくれるところもあるはずです。その代わり、最初は見習いアルバイトという形が多くなっています。仕事も徐々に覚えていくために雑用から始まることも少なくありません。

Copyright© 2018 貿易知識が身につくセミナーへ参加【多くの場所で定期的に開催】 All Rights Reserved.